熱々!海水温熱情報

海水温熱とは?カラダを芯から温める健康療法について

海水温熱サロンnavis

海水温熱とは?

海水温熱とは沖縄発祥の民間療法であり(医療行為ではない)、海水で蒸したホットタオルを使って、足のつま先から頭のてっぺんまで全身を温め、基礎体温を上げることで、身体が本来持つ免疫力や自然治癒力を高める健康療法です。

海水温熱療法施術風景

施術風景動画

海水温熱は、「熱を体の芯に届ける」ということがとても重要となる施術です、「熱」を感じることがとても大切になりますので、初めての方はこちらの施術風景をご覧ください。

身体を温める健康療法

体を温める「温熱療法」は太古の昔から皆さんの身近に存在してきました。温泉、温石、温灸、温湿布、生姜など食品を摂取する療法など色々なものがあります。こういった体を温める事で、昔の人は病気や怪我が改善されることを経験的にご存知かとおもいます。

医学が発展してからも赤外線治療や、高周波を使って体を温める理学療法やハイパーサーミア療法という、ガンに焦点を絞った温熱療法が行われています。サウナや温泉、入浴も温熱療法の一つといっても良い環境にあります。

温熱療法は大きく分けると、温灸や温湿布のように患部やツボを直接温める「局所療法」と、温泉のように体全体を温める「全身療法」の2種類に分けられます。「海水温熱サロンnavis」が行う温熱療法は「海水温熱療法」になり、体の芯に熱を入れて体を温める「全身療法」になります。

海水温熱の効果

1.血流改善効果

海水温熱で体を温めることで全身がほぐれ、血流が活発になり、綺麗な血液へと導きます。

2.老廃物、有外物質の排出

発汗作用により、体に有害な物質の排出が促されます。

3.自律神経の調節

背中を温めることで自律神経を整え不定愁訴が改善されます。

4.免疫力の強化

体を温めることで副交感神経が優位になり、免疫力がアップします。また免疫細胞である白血球の活動を後押しすることでも免疫力向上に役立ちます。

5.神経伝達向上

背中を温めることで、全身への指令を司る中枢神経の伝達力を後押しします。

6.ホルモンバランスを整える

自律神経、免疫力、内分泌関係は相互に関わりを持っており、それらを後押しするように体を温めることで、それぞれが本来持つ能力を高めることで(正常な状態にする)体が本来の状態、ホルモンバランスが正常な状態へと導きます。

7.新陳代謝の向上

血流が良くなり、細胞の隅々まで血液が届くようになり細胞が活性化し、新陳代謝が促されます。

海水温熱療法で効果がでるメカニズム

海水温熱療法で何故効果がでるのか。一般的に言われているものから私の仮説までいくつかご紹介させていただきます。

民間療法というエビデンスのない治療方法だからこそ、昔から伝わる癒しの風習や、新しい研究や発見と結びつけて、痛みや不調を抱えた方々の身体を治癒することができるので海水温熱は可能性のある健康療法だと考えています。

湿った熱は身体の深部に浸透する

“ 温活 ” という言葉があるように、身体を温めることは美容や健康に効果的であることが一般的な認知となっているので、身体を温める方法・施術や商品が世の中にはたくさんでていますが、昔の日本では子どもの腹痛時などに炊いたご飯を布でくるんでお腹の上に載せて温めていました。

これは湿った熱は身体の深部の細胞に浸透していくことを知っていたからですが、海水温熱療法も施術で湿ったタオルを使用します。これにより身体の深部への熱浸透が効率的に行わることで身体を芯から温めて、細胞の活性や免疫力向上が実現されるなど、身体への良い効果が期待できます。

“ 海水 ” が何よりのキーポイント

フランスの生理・生物学者のルネ・キントン(René Quinton(フランス語):ルネ・カントン)が血液のミネラル組成と海水組成が近似していることを発見しており、様々な治療で活躍しています。

通常のホットタオルは身体の深部へ熱が浸透しにくいですが、海水温熱療法は身体の深部へ熱が浸透してくれるメカニズムの1番は、血液のミネラル組成と海水組成が近似していることだと考えられます。

IHの様な電磁波を帯びたもので海水を温めると熱浸透がほとんど行われないのも、電磁波で海水組成が破壊されるからだと推測されます。

これらのことから、海水温熱療法で使用される海水はただの海水ですが、されど海水ということで、海水が何よりのキーポイントで、これが効果をもたらす最大のトリガーになります。

鍼灸治療のメカニズムに通ず:仮説

鍼灸治療には様々な流派があり、治療のメカニズムは色んなことが言われてますが、交易社団法人 日本鍼灸師会のホームページで、鍼灸がなぜ効くのかの解説で以下の様に記されています。

身体には皮膚や筋肉などに刺激が加えられると自律神経の活動が変化し、自律神経が支配する臓器・器官の働きが反射的に調節される仕組みも備わっています。鍼や灸の刺激はその仕組みを利用して自律神経活動を変化させ、血管の調節をしたり臓器の働きを良くしたりします。その結果、血圧が調節されたり、ホルモンバランスが整えられたり、免疫系が活性化したりなど全身性の広範な効果が引き起こされます。

海水温熱療法は、通常の体感温度が40度~45度で、一般的なお風呂の温度ですが、機能が低下している細胞に関しては70度~80度くらいに「熱い」と感じてしまいます。

鍼灸とは、また違う刺激になりますが「熱い」と感じる温度が身体にとっては十分な刺激となり、自律神経活動を変化させるはずです。これにより、治ろう(健康な状態に戻ろう)という身体の機能が向上するので、海水温熱にも治癒の効果が期待できるというわけです。

一種の波動療法:仮説

近年急速に注目を浴びている “ 波動療法 ” には、ドイツ波動医学バイオレゾナンス療法、メタトロン治療、低周波治療器AWGなど、民間療法的なものからクリニックなど医療現場で扱われているものもあります。

機器や理論等によって様々ですが、波動(周波数)が健康に寄与していることは、最早常識になりつつあります。

海水温熱療法も波動が大きく関与するきらいがあって、施術者によって効果がガラッと変わることが多々あります。

基本的にはいわゆる高波動だと思われる施術者が施術すると身体のスッキリ感や各機能向上の感覚が得られますが、低波動だと思われる施術者が施術するとあまり効果がでなかったり、逆に身体が冷えてしまうことがあるので、施術者の波動領域はかなり重要になってくると考えています。

それに付け加えると、施術者と受け手の波動領域が違い過ぎると、効果がでなかったり、施術者が体調が悪くなってしまうことも実際にあります。

山口大学准教授小柴先生に海水温熱療法の周波数領域での違いについて質問したところ、学術的にみると海水温熱療法でも十分波動(周波数)の伝達が関与していると仰られていました。

恐らくですが、海水温熱療法では太古から存在する海水で蒸したタオルが媒介となって、施術者と受け手の間で波動(周波数)の交流の様なことがおこりエネルギー的なものが共鳴する等により何かの効果が得られると考えています。

ミトコンドリアの活性:仮説

一度は耳にしたことがある単語だと思いますが、私たちの身体細胞の中には “ ミトコンドリア ” というものが存在し、生きるのに必要なほぼすべてのエネルギーを生産しています。

アンチエイジング効果などで注目されることの多いミトコンドリアですが、機能が低下してしまうと、心臓障害、中枢神経系障害、筋力低下、腎障害、肝障害などが起きる可能性があるので、ミトコンドリアの活性化は健康にとってもかなり有効なことになります。

ミトコンドリア活性には、筋肉を増やしたり、運動したりということが一般的ですが、身体が死に直面した時に大きく活性化することが解ってきています。寒さ、熱さ、痛みなどですね。

海水温熱療法は身体の状態が悪い時は、もの凄く熱く感じて火傷してしまうんではないかという恐怖を疑似体感できますので、(実際には40~45度です。)身体が死に直面した状態を安全につくることができ、これによりミトコンドリア活性につながり上述した様な機能の向上をサポートすると考えています。

ケトン体優位に転換:仮説

癌について調べられている方は一度は目にしたことがあるかと思いますが、 “ ケトン体 ” というエネルギー源が優位になると、癌の進行を抑えることが出来る。とかいうものです。

身体を動かすためのエネルギー源として代表的なものはブドウ糖(グルコース)ですが、このブドウ糖が減少すると肝臓に蓄えられているグリコーゲンをグルコースに分解されて利用される様になります。ただ、グリコーゲンは最大24時間で枯渇してしまうので、筋肉中のタンパク質や脂肪細胞に蓄えらえている脂肪酸をエネルギー源として活用する様になります。

ケトン体はこの脂肪酸からつくられたエネルギー源ですが、このメカニズムを応用して考案されているのが、糖質制限ダイエット(日本ではトレーニングジムなどが行う食事制限。)ですね。

私も1年間実施したことがありますが、確かに脂肪が減少して体脂肪率は落ちます。ですが、半年間も続けると内臓機能が著しく低下して、肌ツヤや血色が低下して、酷い時には慢性疲労症候群の様な症状に数カ月間悩まされました。

糖質は内臓の細胞分裂時に欠かせないものですし、身体がずっと飢餓状態なので、身体にとって決して良いモノではありません。

私は仕事柄ダイエットの相談を受けることも多いですが、糖質制限ダイエットだけは絶対に推奨しません。(結婚式の為になんとかしたいという方には1カ月迄なら勧めています。)

ただ、医療現場では癌患者へのケトン食療法なるものもあり、抗がん剤の副作用が多分に緩和されるという症例も結構あるみたいですので、その様な場合はありなのかもしれません。(そもそも抗がん剤反対派なので、なんともな感じですが。)

話がだいぶ逸れてしまいましたが、ケトン体はなにも飢餓状態時にしか体内で増えないことはなく、生命を維持するための防衛手段の一つとして色んな場面で体内で増えるとされています。

以前エクストリームスポーツの師匠に70メートルのロッククライミングに招待され、登ったところ、少なくとも3回は「もう駄目だ。滑落して死ぬ。」と感じましたが、すべての工程を終えて下山した後は無茶苦茶身体が軽くて動きやすかったのを強く記憶しています。

ヶトン体有意運動

師匠にどういうことか質問したところ、命を懸けた時には身体が極限状態になってケトン体優位になるから身体が楽になって動きもスムーズになると仰っていました。(しかも、その状態は人によっては数日から数週間持続すると。)

エクストリームスポーツの師匠は、「海水温熱療法は、エクストリームスポーツです。」と断言されている(ロッククライミングやハイラインなど、危険なことをやった時と体感的に同じ身体、少なくとも脳波はそうなっていると仰っていました。)ので、海水温熱療法することによって、ケトン体優位の身体になっている可能性はかなり高い様な感じがしています。

海水温熱療法施術後には9割以上の方が身体が軽くなったと仰るのは、もしかしたらケトン体優位のお陰かもと考えています。

もしそうであるならば、身体に負担のかかる食事制限などしなくても、崖を登る様な危険なことをしなくても、ただ50分間施術を受けるだけでケトン体優位の恩恵を受けられるかもしれないですね。

汗とともに老廃物を流す海水温熱

海水温熱療法では体内にあるしこりに熱を入れて、ゆっくりとほぐしていきます。

このしこりは老廃物の塊で、しこりの多い人ほど血流が悪く、からだも冷えていきます。当然身体の冷えを感じている人は体調も悪くなってしまいます。

海水温熱で体の血流をよくすると、その血流によって老廃物も運ばれ排出されるので、汗をかくことで老廃物を体の外へ排出することができるのです。

体内では多種多様な老廃物が作られ、蓄積してきます。

排出をしないと溜まる一方なので、体調を崩すのも理解ができます。

また体の内部だけでなく、外侮から入り込んた有害物も多くあり、添加物や農薬などに含まれる化学物質や、有害金属などもあり、こうした有害物質は皮脂腺にたまりやすいという話もあります。

皮脂腺は汗腺の近くにあり、これらを温めることで、汗腺や皮脂腺が開いて、老廃物と有害物質を効率的に排出できることになります。

海水温熱で免疫力を上げる

体温が低いと、免疫力が低下するということは皆さんもご存知かと思います。では、なぜ低音ん低下が免疫力低下を招くかはご存知でしょうか?

それは、血流との関係が深く、「体温が上がれば血流が良くなる」からに他なりません、血流が良くなると白血球が活性化されるので、酸素が行き渡りやすくなり、栄養も細胞に届きやすくなるからなのです。

また血流が良くなれば、白血球は血液内を移動するため、必要なところへすぐ移動できるようになるため、体温上昇>血流改善>免疫上昇は理にかなっている効果なのです。

自律神経の調整役としての海水温熱

背中には脊髄と言われる大切な中枢神経が通っており、これに沿って自律神経が通っています。

自律神経は覚醒や興奮をもたらす交感神経と、安息をもたらす副交感神経によってバランスがとられています。

全ての器官は、この自律神経によってコントロールされているため、これが乱れると、血圧、呼吸、発汗、消化、血流、睡眠、など生活に必要な全てのコントロールが乱れてしまいます。

海水温熱で背中を温めるということは、この情報の伝達をスムーズにするということになります。背中を温めるということは神経の流れを安定させ、ホルモンバランを整える手助けができるのです。

悪いところが分かるアチチ反応が海水温熱のポイント

海水温熱療法を施術していくと、ほとんどのお客様が「アチチ」と言われます。これは熱を体に入れるとその熱が深部に入らずに(老廃物が溜まっており血流がよくないため)、熱く感じられるためです。

こういったアチチ反応が出るところには、特に丁寧に熱を入れてほぐすようにしています。みなさん驚かれるところですが、ほぐれたところは老廃物が流れるのでアチチ反応が出なくなります。

これを私たちは「アチチ反応」といっています。お客様自身でも、自身の体の状態を認識していただけるために、遠慮せずにアチチと声を上げいただいております。

皆様も海水温熱を受けられる際は遠慮なく「アチチ」と叫んでくださいませ。

見た目でわかる身体の反応

身体は実に正直なもので「アチチ反応」もさることながら、表面的にも反応が出るのが海水温熱の凄いところです。こちらの写真のように身体に不具合がある場合は、熱がうまく入らず、不具合な箇所が白くなり、赤みがまばらの状態となります。

(▲背中のコリ部分や、肝臓に熱が入らず、真っ白な状態)

海水温熱療法は、熱を身体の深部へ浸透させていく施術ですが、筋肉のコリや血流が悪い箇所は、熱が浸透していかないという特性ががあります。

赤い部分が正常な状態で、白いままだとその部分が良くないことになりますので、健康的な場合は、全体が綺麗な赤みを帯びるような変化が見られます。

ご自身では認識していなくても、体は正直に反応してくれるので、海水温熱は健康への意識が変わる良いきっかけにもなります。

施設のご案内

海水温熱で皆様に元気と健康をお届けいたします。

海水温熱サロンnavis入り口
海水温熱サロンnavis待合室
海水温熱サロンnavis待合室イメージ
海水温熱サロンnavis施術台
海水温熱道具イメージ
海水温熱道具イメージ
海水温熱タオル蒸し器イメージ
海水温熱専用タオル
海水温熱海水イメージ

※クリックしてご覧ください。

ご予約・お問い合わせ

お電話

お電話での受付は年中受付
受付時間:10:00~20:00(営業時間:9:00~18:00)

TEL:06-6245-6033

パーソナルトレーニングジムnavisにてお電話・ご予約を
お受けいたしますので海水温熱についてとお電話くださいませ。

お電話

お電話での受付は年中受付
受付時間:10:00~20:00(営業時間:9:00~18:00)

タップで電話がかかります。

TEL:06-6245-6033

パーソナルトレーニングジムnavisにてお電話・ご予約を
お受けいたしますので海水温熱についてとお電話くださいませ。

Webで来店予約・
お問い合わせフォームはコチラ

24時間受付

アクセス

住所:大阪市中央区東心斎橋1丁目11−13
 グランメゾン心斎橋303号室
地下鉄心斎橋駅
クリスタ長堀南6番出口上がってスグ

※グランメゾン心斎橋ビルの3階303号室です。

店舗への案内