熱々!海水温熱情報

お腹を温めてやせる入門書

健康的な体重を保つには、体を温めることが大切です。

きっとこの記事を読んでくださる方は、「お腹を温めることで痩せること」を期待してお読みくださっていると思います。

まず初めにお伝えしたいのが、「痩せるためにお腹を温める」のではなく、「身体を健全な状態にするためにお腹を温める」ということです。

では、なぜお腹を温めると痩せると言われるのか・・・それは、内臓の主要臓器が集まる「お腹」を温めることは、代謝を活発にしたり、脂肪の燃焼も促進するので健康的な体重を維持するのに効果的と言えるからです。

ですのでダイエットなどの「やれば体重が落ちる」という観点ではなく、健康的になり体重を適正に保ち、その結果として理想の体型を手に入れられるとお考えいただくことが、「お腹を温めると痩せる」という意味だとお伝えしたいと思います。

おなかを温めることの重要性

体が冷えていると、代謝が低下し脂肪燃焼も悪くなるのは皆さんも想像できますよね?

ではなぜお腹を温めると体重減ると言われるのか・・・これは、お伝えした通り、体温を上げると、代謝を活性化させることができるからです。

これにより、脂肪の燃焼が促され、体重の減少が期待できるというわけですね。

お腹を温める方法は食事や運動、温熱や防寒などさまざまな方法で行うことができますので早速見ていきましょう。

お腹を温め代謝を上げる食品

お腹を温める方法として一番身近なものが食事です。

特に寒い季節や、冷えた空間にいると「温かい食べ物」が欲しくなりませんか?これは人間が生きるために必要な代謝活動を活発化させたいが故に起こる衝動で、実に理にかなった行動といえます。

ここで注目して欲しいのが、「代謝をあげたいから温かいものが欲しくなっている」ということです。

そうなんです、体が冷えている時こそ体が代謝をしたがっている(エネルギーを循環したがっている)ので、エネルギーの循環を促す「温かい食べ物」を食事で摂取してあげると、効率的に代謝を助け、ひいてはエネルギー消費を高めてくれるのです。

「冬太り」とよく言いますが、冬に太ってしまうのは単に身体を動かす機会が減るためで、本来の体の原理では、寒い時に暖かい食べ物を食べると適正な体重に近づくのが本来の姿とも言えるのです。

本来暖かい食べ物は「満足感」も得られるので、食べ過ぎという点に注意して、適量の暖かい食事を取るという観点で言えば、寒い季節ほどダイエットに適しているといえるかもしれませんね。

お腹を温め、代謝を上げるためには、以下の食品を摂ることがおすすめです。(以下は、お腹を温める効果がある食品の例です。)

冬が旬の食べ物

冬が旬な食品には、体を温める効果があるものがたくさんあります。例えば、大根やにんじん、牛蒡などがあります。これらは「根菜」と言われるもので夏野菜に比べ水分が少なく、体温の低下を防ぐ効果があり、根菜に含まれることの多いビタミンEは毛細血管を拡張させ血行の促進効果もあると言われています。

温かいスープ

温かいスープは体を温めるだけでなく、満腹感を与える効果もあります。特に野菜や豆、鶏肉などを使用した栄養豊富なスープがおすすめです。これらのスープには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、健康的な食事としても最適です。

温かい飲み物

温かい飲み物も体を温める効果があります。例えば、ジンジャーティーやシナモンティーは体を温めるだけでなく、代謝を活性化させる効果もあります。

このほかにも身体を温める食品はたくさんありますので詳しくはこちらの一覧でご紹介いたします。

温活におすすめの食べ物飲み物一覧>

おなかを温めるエクササイズ

体を温めるためには、適度な運動も欠かせません。痩せに役立ち、脂肪燃焼や、代謝を手助けするエクササイズを以下に紹介します。

相撲スクワット

相撲スクワットは、下半身の筋肉を鍛えるだけでなく、体全体を温める効果もあります。正しいフォームで行うことで、脂肪燃焼効果も期待できます。

腰・お腹回りのシェイプアップ運動

重点的にお腹周りに刺激が欲しいという方には、腰回りの運動を実践してみてください。

このほかにも体温を上げるために効果的な運動をご紹介していますのでぜひ一度お読みください。

効率的に体温が上がる体幹を使った筋トレ方法をご紹介>

お腹を温める温熱療法

自身の食事や、運動で体温を上げる方法は手軽に行えて、やる気さえあれば誰でも身体の温め効果が手に入れられる方法ですので、自己管理できる方にとてもお勧めの方法になりますが、「難しい・・・」という方もおられますよね?

そんな方におすすめなのが海水温熱療法になります。

海水温熱は体の外から熱を入れることによって身体を温める効果が得られる民間療法です。

よくカイロやホットタオルで温活をする方法がありますが、表面的には身体を温められるのですが、身体を芯から温めるという点ではもう一つ効果が発揮できないところが残念なところと言えます。

この海水温熱は、内臓などに熱を届けて身体を芯から温めるという特徴があり、継続することで体温の上昇や、細胞の活性化などが期待でき、健康維持や不調の改善に期待ができます。

お腹をたためるという点で言えば、腸を中心に肝臓・膵臓など身体の主要部に熱を入れて活性化を図るために、体全体の代謝アップを促すことができます。

 

減量のためにおなかを温めるときに避けたい行動

痩せるためにお腹を温める際に少し気をつけていただきたいことを以下にご紹介いたします。

  1. 高カロリーな食事の摂取:おなかを温めることは、脂肪を燃焼しやすくする助けになるかもしれませんが、高カロリーな食事を摂取するとその効果が相殺されてしまいます。減量を目指す場合は、低カロリーで栄養価の高い食事を心がけましょう。
  2. 過度な食事制限:極端な食事制限は体に負担をかけ、栄養不足に陥る可能性があります。バランスの取れた食事を摂りながら、減量を行うことが大切です。
  3. 過剰な飲酒:アルコールは空腹感を増加させ、食べ過ぎや高カロリーな食事の誘惑を増加させることがあります。減量中はアルコール摂取を制限しましょう。
  4. スナックやジャンクフードの摂取:おなかを温めるためには健康的な食事が必要です。スナックやジャンクフードは高脂肪、高糖分で栄養価が低いため、減量の妨げになります。
  5. 過度な運動:過度な運動は怪我や疲労を引き起こす可能性があります。適切な運動量を選び、無理なく続けることが大切です。
  6. 過剰なストレス:ストレスは食欲を増加させる原因となり、減量の妨げになることがあります。リラクゼーションテクニックやストレス管理方法を取り入れ、ストレスを軽減させましょう。
  7. 誤った情報を信じること:減量のためにおなかを温める方法については、正しい情報を得ることが重要です。信頼性のある情報源や専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

これらの行動を避けることで、減量の効果を最大化し、健康的な方法でおなかを温めることができます。

まとめ

このようにお腹を温めて結果として痩せにつなげる方法は様々なものがあります。

ご自身に合っていて、長く続けられるものほど健康的な体重維持につなげられますので、お腹を温めることをダイエットの一部として取り入れる場合でも、健康的なライフスタイルに組み込める内容を選ばれることをお勧めいたします。

施設のご案内

海水温熱で皆様に元気と健康をお届けいたします。

海水温熱サロンnavis入り口
海水温熱サロンnavis待合室
海水温熱サロンnavis待合室イメージ
海水温熱サロンnavis施術台
海水温熱道具イメージ
海水温熱道具イメージ
海水温熱タオル蒸し器イメージ
海水温熱専用タオル
海水温熱海水イメージ

※クリックしてご覧ください。

ご予約・お問い合わせ

お電話

お電話での受付は年中受付
受付時間:10:00~20:00(営業時間:9:00~18:00)

TEL:06-6245-6033

パーソナルトレーニングジムnavisにてお電話・ご予約を
お受けいたしますので海水温熱についてとお電話くださいませ。

お電話

お電話での受付は年中受付
受付時間:10:00~20:00(営業時間:9:00~18:00)

タップで電話がかかります。

TEL:06-6245-6033

パーソナルトレーニングジムnavisにてお電話・ご予約を
お受けいたしますので海水温熱についてとお電話くださいませ。

Webで来店予約・
お問い合わせフォームはコチラ

24時間受付

アクセス

住所:大阪市中央区東心斎橋1丁目11−13
 グランメゾン心斎橋303号室
地下鉄心斎橋駅
クリスタ長堀南6番出口上がってスグ

※グランメゾン心斎橋ビルの3階303号室です。

店舗への案内