熱々!海水温熱情報

海水温熱士の資格取得ができます!

海水温熱士-資格

二十数年前に沖縄で誕生した「嘉数式海水温熱療法」の資格取得についてご紹介していきます。

海水温熱療法の資格を取得されたい方、海水温熱療法の資格を取って開業したけど、お客様に対して納得のいく効果が出せないなどのお悩みを持たれている方は、ぜひ一読ください。

海水温熱士とは

海水温熱テキスト①

海水温熱士とは、嘉数式海水温熱所定の温熱研修全課程を修了した人のことを指します。

一般的には、上図のテキストに記載されている海水温熱療法の手順や方法、どの箇所がどの臓器に由来するのかなどを一通りマスターすれば、海水温熱士と名乗ることが出来ます。

海水温熱士の資格とは

海水温熱士の資格を取得すると、海水温熱療法の施術を行うことが可能になるので、ご家族や友人の健康サポートをしたり、開業してお客様の施術を行うことが出来ます。

また、海水温熱士の資格取得と同時に、海水温熱療法の指導資格も一緒に取得出来るので、海水温熱療法を指導し、他の方に資格取得させることも可能です。

海水温熱療法指導資格の発行は、修了証というカタチで証明されることが多く、発行元は、個人や一般企業になります。

海水温熱サロンnavisでは、以下の様な修了証を発行しています。

海水温熱療法 修了証

海水温熱士の資格を絶対に持っていないと海水温熱療法を行ってはいけないということはありませんが、多かれ少なかれ人の身体に対してアプローチすることになりますし、禁忌事項などもいくつかありますので、海水温熱療法資格を持った方の元できちんと研修を受けてから行うことをおすすめします。

海水温熱士の資格取得方法

海水温熱士の資格取得方法は、海水温熱士資格取得の為の研修を行っている企業や個人の指導を受ければ取得可能です。

それほど多くはないですが、ホームページで資格取得のサポートをしているところがあるので、そういったところで取得されるのが良いかと思います。

資格取得迄の研修期間は、大体2~3ヶ月程、費用は440,000円 ~ 660,000円(税込)が相場です。ちなみに弊社海水温熱サロンnavisでも取得可能です。

海水温熱士資格取得までの流れをご紹介

資格取得までの一般的な流れは以下になります。

  1. 海水温熱士の資格取得研修を行っている企業や個人を探す。
  2. 連絡して資格取得時期や料金等を確認の上申し込みをする。
  3. 1カ月~3ヶ月(期間や習熟度によって個人差あり。)研修を受ける。
  4. 卒業試験を受けて合格すれば認定資格発行。

会社や海水温熱士の考え方等に多少変化することがあるかもしれませんが、基本的には上記の様な流れになります。

海水温熱士を目指される方へ、海水温熱士の仕事とはどういったものか私なりに考察してみましたので、よろしければこちらもお読みください。

>>海水温熱士になるということ<<

資格取得概要

海水温熱サロンnavisでは海水温熱士の資格取得に力を入れています。

海水温熱サロンnavisで資格取得する場合も上記の流れで資格取得していただくのですが、一般的な嘉数式海水温熱所定の温熱療法全過程を一通り学んでもらうのが主たる学びになります。

まだまだ知られていない海水温熱だからこそもっと多くの方に知ってほしいと考えます。

大掛かりな設備は必要ありません、多くの方が施術できるような海水温熱療法をお伝えします。

一般社団法人 嘉数式海水温熱の研修を受けて海水温熱士になり、ご家族や、周りの人、お客様の健康サポートに活用してください。

海水温熱資格取得の受講内容

海水温熱サロンnavisで資格取得の受講内容は具体的には以下になります。

準備

海水温熱療法に必要な鍋、専用タオル、使用する海水の種類、軍手の種類など海水温熱療法に必要なモノの準備について解説。

自身の経験値から出張やサロンなどでガスコンロをセットする場合の解説。

海水の量の調整や沸かす時間やセットの仕方や失敗談等の解説。

施術の流れ

テキスト記載の施術の基本的な流れの解説。(タオルの置き方や向きなど。)

基本的な施術の流れを自然に出来る様になることがすごく大切なので、私が施術している動画をお渡しして反復して観てもらったり自宅で練習したりしてもらいます。

熱をいれるポイント

テキスト記載の熱をいれるポイントの解説。

独自の経験から最も効率的に熱をいれるポイントの解説。

受け手の年齢、性別、カラダのサイズ等に合わせたタオルの置き方や圧力のかけ方の解説。

ワンランク上の海水温熱士になるために

海水温熱療法士としてしっかり結果をだせる様にするためには、ただ温熱療法をこなすだけでは難しく、手の感覚や施術者の姿勢や適切な圧力、タオルの温度調整、受け手の信頼関係の取り方(熱を否定的に取らせない様にすること。)など、スキルや感性を養うことがすごく重要で、一般的な温熱療法全課程以上に注力して解説していきます。

受講期間

海水温熱サロンの資格取得は、自分のペースで学べて通いやすい受講日程をご用意しています。

2ヶ月/1日2〜4h 週3日

※受講スケジュールは相談の上進めさせていただきます。

料金

440,000円(税込)

認定資格

一般社団法人 嘉数式海水温熱 海水温熱士

随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせフォーム「その他お問い合わせ」から
ご質問欄にて「海水温熱士について」と記載いただきお問い合わせくださいませ。
後日、ご案内させていただきます。

資格の認定について

温熱療法全課程を修了すれば資格認定しますが、海水温熱士として何を目指したいかによって資格認定のタイミングを調整していきます。

ただ単に資格を取られたい場合であれば、一般的な温熱療法全課程を修了すれば資格認定を発行しますし、しっかりと成果をだしたい方であれば、全過程を修了しても成果のだせるレベルに達するまで資格認定を発行しなかったり、資格認定を発行してもアフターフォロー(無料)で定期的に修練度をあげていく研修を行っていきます。

大切なことは認定資格を取ることではなくて、海水温熱士として活躍できる状態になることです。

資格取得後のケア

海水温熱士の資格を取って実際にデビューしてからどれだけ海水温熱療法と向き合いレベルアップしていくかが重要なので、上述した様なアフターフォロー研修は希望があれば積極的に行っていきます。

海水温熱療法を生業にされる場合は、広告宣伝の仕方の解説(ウェブサイトやSNSなど)と、希望があれば弊社ウェブサイトで掲載し、おすすめ海水温熱士(またはサロン)として紹介していき、新規顧客獲得に向けてサポートしていきます。

海水温熱サロンnavisでは、東京や静岡や熊本など遠方から海水温熱を受けに来られる方も結構いらっしゃいますので、ある程度のレベルに達した方で開設されたサロンのお近くにいらっしゃるクライアントさんであれば紹介していきます。

よくある質問

Q:遠方からでも資格取得は可能ですか?

A:可能です。遠方の方の資格取得の場合は、施術動画やテキストや練習用タオルを先に送った上でzoom等で研修を実施し、ある程度型を覚えていただいてから大阪に来ていただき、トータル10日前後の日数をかけて集中して実技研修を行います。(日程は別途要相談。)

Q:資格取得までかかる日数・時間はどのくらいでしょうか?

A:受講者の習熟度によりますが、アフターフォローを含めて、10日40時間~20日80時間位(1~3ヶ月)になります。

Q:健康系の仕事ではないのですが取得可能でしょうか?

A:解剖学等の知識があれば好ましいですが、知識というより感覚が大事なので健康系の仕事をしていなくても取得可能です。

Q:道具などはどうすれば良いでしょうか?

A:専用タオルに関しては練習用として中古ものをお渡しします。それ以外のWEBサイトで購入するものに関してはお伝えしています。

海水温熱士資格取得の卒業生の声

海水温熱卒業生の声

海水温熱の資格についてご説明する上で、これから海水温熱士の資格取得を目指される方の参考のために、海水温熱士の資格を取得された方のお声をご紹介させていただきます。

現在は他の職業に就かれていて、顔出しや名前をだせないのが残念ですが、50代男性の方です。

なぜ海水温熱療法の資格を取得されましたか?

温熱の資格を取得したのは、とあるユーチューブをみて、病気を治すには、身体の芯に熱を入れることが大切だと知ったことからです。温熱療法について調べてみると理にかなっている部分も多く、少し学んでみたいなぁと思いました。あと、人を癒やすようなことをしてみたいとの思いもあり、チャレンジしてみようと思いました。

海水温熱療法を学んでいる時はどうでしたか?

学んでいる時は当初は手がとても熱く、熱のはね返りを感じる余裕などありませんでしたが、先生の熱心な指導、施術を受けてくれた方々の貴重な意見もあり、日々楽しく研修を受けることが出来ました。少しずつではありましたが、熱に対しても慣れてきて、研修終盤では、なんとなく熱が入ってる、はね返りが強いといったことも感じられるようにより研修が楽しくなりました。

海水温熱療法をどのように活用していきたいですか?

なんとなくではありますが、身体に熱を入れることで、自己免疫力が高まる可能性があるのではないかと思っています。コロナ以降、周りの人達の中で体調不良になっている方々が増えたように感じます。そのような方々に温熱療法を通じて身体に熱を入れてもらい、自己免疫力を高める手伝いかが出来れば、いいなぁと思っています。最悪そのような効果がなくても温熱後に身体がポカポカで気持ち良かったと思ってもらえるような技術を身につけれたら、いいなぁと思っています。

資格取得者の現在

過去に海水温熱サロンnavisで資格を認定した方の現在の経過は以下になります。

海水温熱サロンnavisで温熱士として活動 4名

サロン運営 2名

自宅での身近な方の運営 4名

家族への施術 4名

資格認定実績

海水温熱サロンnavisではこれまで14名の方の資格認定を行ってきました。

ここ数カ月で資格認定した方は温熱士として十分なスキルを獲得されているので、ここ数カ月で資格を取得された方の熱意や能力があったからなのもありますが、手前味噌なのを差し引いてもここ最近ようやく深い部分まで伝える言語化が出来る様になってきた感じがしています。

海水温熱士に対する思いと雑感

私は元々海水温熱療法のファンで、週に1回1年間程施術を受けに通っていましたが、気がついたら海水温熱士になって施術をする側になっていました。

2018年に海水温熱士の資格を取得し、大阪の心斎橋で開業し、およそ3年間集中して施術を行っていましたが、ある時、心の赴くままに新規顧客をすべてスタッフに譲り、既存顧客も出来るだけ削り、別のことに邁進し(エクストリームスポーツや自然農法での農業など)およそ2年間程、海水温熱士としての活動をほぼ休止していました。

エクストリームスポーツや自然農法での農業に精通していると“ 量子力学 ”という分野を避けて通ることは出来ず、非意図的に量子力学を体感により学んでいくことになります。

量子力学については、京都大学の先生がわかりやすく解説してくれています。

>>自然科学科目群/物理学(発展) 量子物理学粒であり波でもある量子のふるまいを見破る切り札<<

そんな日々を過ごしている中で、スタッフの突然の退職などにより、私が海水温熱療法士として復帰せざるを得なくなったのですが、2年間のブランクがあったにも関わらず、以前受けられた方々が口を揃えて「前より腕が上がってる!」「以前より身体が温まってる!」と、仰ってくれるという体験をしました。

量子力学的に考えると、この出来事は海水温熱療法は私の使命ともいえることとなりますので、この体験以降は、とにかく腕をあげることに重きを置いて、重篤な病をお持ちの方から高波動の方まで、色んなタイプの方々の施術を積極的に行っていくということを反復し続けていきます。

その中で意識したことは…

  • 身体の深部までしっかりと熱をいれる
  • 受け手が熱がらずに肯定的に受けられる様にする

ということです。人間国宝にまでなった坂東玉三郎氏(5代目)の言葉に「最近型破りをする若者が増えてきた。でも、私からすれば、それは型破りではなく、只の型無しだ。基本的な型を徹底的に追求してこそ初めて型破りになる。」というのがあります。

ですので、私は上記2つを意識しながら徹底的に嘉数式海水温熱療法の型を繰り返し修練していきました。そうすることで、身体の深部までの熱入れのポイントが解ってきましたし、自身(特に手)の感覚に軸が生まれるので、お客様の身体の変化に気づける様になります。

熱が深部まで浸透する機会(これは説明が難しいですが、1人のお客様に対して、1回あるかないかですが、とある箇所でどんどん熱が入っていくチャンスが巡ってきて、それが上手くいくとお客様も私も凄い充実感を得ることが出来ます。)を逃すことが少なくなります。

※ とある箇所はその人のトリガーポイントだという仮説を立てています。

数カ月前より、地元山口県で毎月1回温熱会なるものを開催し、そこにはエクストリームスポーツ第一人者の三由野さん(2.5㎝のベルトを命綱無しで、高さ400mを70m歩ききった唯一の日本人です。)をはじめ、そのお弟子さん達や、引くくらい高波動なお仲間さん達のカラダに温熱させていただき、自身のスキルアップを図っています。(皆さん凄い感覚の持ち主なので、いつも凄い勉強になっています。)

>> 三由野さんの紹介ウェブサイトはこちら <<

私は海水温熱療法を受けることも大好きなので、海水温熱士となった今も定期的に施術を受けていますが、残念なことに海水温熱士によっては、あまり熱が入ってこない場合もあります。(私もまだまだ未熟ですが・・・)

原因として考えられるのは、私が教わった時の型よりもタオルの枚数が少なかったり「スピードが重要で淡々と施術をこなす」という教えが独り歩きしているからだと考えられます。

実際に研修を目の当たりにしていないのでなんとも言えませんが、伝言ゲームと同じで、同じことを教えている中で本来のモノとは微妙に違ってきたり、教える人の物差しや都合で教え方が緩くなってしまうことがあるようです。

「スピードが重要で淡々と施術をこなす」ということに関しても、その人の身体をなんとかして良くしようという気持ちが強すぎると、ダラダラと時間をかけて施術を行うのは逆に良くない結果をもたらすということだとは思いますが、何も考えずに淡々と施術していても腕が上がるとも到底思えません。

海水温熱療法は凄いモノだと強く感じていますし、資格者がどんどん増えていって欲しいとも思っていますが、なんとなく資格を取って、なんとなく施術をする方が増えることに関しては強い懸念を感じています。

もし、海水温熱士の資格取得をお考えの方がいらっしゃれば、そういったことをかんがみて、しっかりと伝授してくださる様な熱い温熱士の元で資格取得を取られることをお勧めします。

まとめ

今回は、海水温熱療法の資格を取得されている方や、資格取得をしたけど思うような成果がでない方に向けて記事を書かせていただきました。

私は海水温熱療法のファンの1人として、ぜひ海水温熱療法の資格を取って、業界を盛り上げていってもらいたいと思っています。

私の知り合いの温熱士にも何人か素晴らしいスキルと想いをお持ちの方もいらっしゃいます。

もし、資格を取られる際は、是非そんな方の研修を受けられてください。

そして、最後にお伝えしておきたいのが、海水温熱士もお仕事であるということです。

もちろん根幹には人を癒したいという願いがあることは確かですが、効率ばかり追い求めては本当の意味で人を癒すことは難しいものです。

結果的に、人を癒すことができずお仕事としての海水温熱もままならなくなってしまいます。

ご自身もお客様も長く健康でいるためには、海水温熱士の資格取得だけでなく、人をみて尚且つ、ご自身もみれる感性を大切にしてください。

現役の海水温熱士の方は人を癒すスペシャリストが多くおられますので、本当の意味で癒すことのできる師匠に巡り合えることをお祈りしております。

施設のご案内

海水温熱で皆様に元気と健康をお届けいたします。

海水温熱サロンnavis入り口
海水温熱サロンnavis待合室
海水温熱サロンnavis待合室イメージ
海水温熱サロンnavis施術台
海水温熱道具イメージ
海水温熱道具イメージ
海水温熱タオル蒸し器イメージ
海水温熱専用タオル
海水温熱海水イメージ

※クリックしてご覧ください。

ご予約・お問い合わせ

お電話

お電話での受付は年中受付
受付時間:10:00~20:00(営業時間:9:00~18:00)

TEL:06-6245-6033

パーソナルトレーニングジムnavisにてお電話・ご予約を
お受けいたしますので海水温熱についてとお電話くださいませ。

お電話

お電話での受付は年中受付
受付時間:10:00~20:00(営業時間:9:00~18:00)

タップで電話がかかります。

TEL:06-6245-6033

パーソナルトレーニングジムnavisにてお電話・ご予約を
お受けいたしますので海水温熱についてとお電話くださいませ。

Webで来店予約・
お問い合わせフォームはコチラ

24時間受付

アクセス

住所:大阪市中央区東心斎橋1丁目11−13
 グランメゾン心斎橋303号室
地下鉄心斎橋駅
クリスタ長堀南6番出口上がってスグ

※グランメゾン心斎橋ビルの3階303号室です。

店舗への案内