熱々!海水温熱情報

【心斎橋駅から徒歩5分】頭痛を温めて和らげる

1温熱頭navis

パソコンやモバイル機器の使用による姿勢の悪化や首、肩こりによって引き起こされる頭痛で悩む方が増えています。

また、「頭痛外来」というピンポイントな診療があるほど、頭痛に悩まされている方が多いとうことです。

中には頭痛は治らない、どうしようもないものと諦めている方も少なくないと思います。

頭痛の原因は多岐にわたり、根本的な生活習慣の見直しや姿勢の改善、動きの癖などを直すことは絶対不可欠ですが温めるということは非常に有効です。

疲れているとき「温泉に行きたいな」「湯船につかりたいな」と思った経験があると思います。

人間は本能的に温めると疲れが取れるという感覚は持っているはずです。

海水温熱は特に狙ったところに奥深く熱を届けることが可能です。

頭痛でお悩みの方は是非一度、目、肩、首を重点的に海水温熱を受けてみてください。

終わった瞬間にその効果を感じることができます。

心斎橋で頭痛解消 海水温熱navis

店舗  海水温熱サロン navis
営業日  年中無休(年末年始除く)
営業時間  9:00〜21:00
住所  大阪府大阪市中央区南船場2丁目11−12 アオヤマビル 1階
料金  初回体験 約60分4,500円

ご予約方法

電話でのご予約はTEL06-6245-6033
(パーソナルトレーニングジムnavisにてお電話・ご予約をお受けいたしますので海水温熱についてとお電話くださいませ)

ネットでのご予約はこちら>

LINEでもご予約承っております>

心斎橋でも頭痛が多い理由

心斎橋はたくさんのビジネスマンで溢れています。

街ゆく人を見ていると多くの方が姿勢が崩れ、頭痛を引き起こしやすい姿勢になっています。

疲れ・ストレス・眼精疲労・睡眠不足・外食や飲酒等の不規則な生活から頭痛を発症してしまうと考えられます。

頭痛について

頭痛は脳の血管の拡張や頭・肩・首の筋肉の緊張による血流の悪化が原因となって神経を刺激することで起こります。

簡単に頭痛の種類を挙げておきます。

片頭痛

片頭痛は季節の変わり目ストレスなどが原因となり脳内血管の拡張による炎症が原因と考えられている頭痛です。

若い女性に多くこめかみから目の奥がズキズキと脈打つように痛みます。

痛みは数時間から数日間に及び発生頻度も数日から数か月に一回と不規則です。

『閃輝暗点(せんきあんてん)』と呼ばれる目の前がチカチカする症状やめまい、あくびといった前兆が見られることもあります。

こめかみあたりを冷やすことで改善することがあるので緊張性頭痛との判別としても使えます。

<対処法>

体温を上げ血管を拡張する入浴や運動、マッサージは厳禁

頭部を冷やして横になって休みましょう。

またカフェインを含む飲み物を適量摂取することも効果的です。

カフェインは血管を収縮する作用があり痛みの早期に飲むと脳動脈の拡張が抑えられ痛みが軽減する可能性があるといわれています。

冷たいタオルアイスノンのような保冷剤を痛む部位に当てると血管が収縮することにより動脈の拍動を抑えズキズキとした痛みを軽減させる効果が期待できます。

緊張型頭痛

緊張型頭痛はは身体や心の緊張が続くことで血行が悪くなって起こる頭痛です。

後頭部や首にかけて締め付けられるような鈍痛が毎日続くのが特徴です。

特にパソコン作業や読書など同じ姿勢を長時間続けている最中や続けた後に症状が悪化します。

肩、首こり目の疲れを伴うことが多くめまいがすることもあります。

お風呂に入ったり肩や首を温めたりすると症状が改善することも緊張型頭痛の特徴です。

<対処法>

緊張型頭痛を予防するには日常生活での「ストレス管理」がとても大切です。

身体的・精神的ストレスを上手に解消することが緊張型頭痛の予防策となります。

長時間のデスクワークの際は休憩をしっかりとるようにして軽いストレッチや運動で気分転換することも大切です。

固まった筋肉を緩めると血液の流れが良くなり痛みが発生しづらくなります。

お風呂にゆっくりと浸かりながら首や肩のストレッチをするのも効果的です。

身体を温めながらストレッチすることで血の巡りを良くして頭痛を予防することができます。

時間がある方は有酸素運動を取り入れるとより効果的です。

群発性頭痛

群発性頭痛は決まった時間や決まった時期になると起こる頭痛です。

男性に多く目の奥をえぐられるような強い痛みが起こります。

症状が続くのは数時間ほどですが、一度症状が出ると数週間から数か月にわたって痛みが繰り返します。

痛みは頭の左右どちらかに起こり、頭痛とともに発汗、鼻水、鼻づまりといった症状を伴うこともあります。

<対処法>

まず、頭痛が起きている期間は飲酒や喫煙は控えましょう。

この頭・肩・首の筋肉の緊張は冒頭でも述べたようにスマホ、パソコンによる悪い姿勢での長時間使用などの日常の悪しき生活習慣がもたらしています。

根本的な解決はやはり、姿勢改善や悪しき習慣の改善が絶対不可欠です。

とは言え、その姿勢に慣れてしまった身体は筋肉は凝り固まったり、張りが強かったりと良い姿勢を作るにもそれができる環境にありません。

このような状態を緩和するのに最適な方法が海水温熱です。

全体的に温めること、ピンポイントで頭・肩・首・目への熱入れを行うことで痛みが緩和され

、肩の荷が下りたようなスッキリ感、目がパチッと開く感覚、頭の爽快感が得られます。

一般的な頭痛の改善方法

一般的には鎮痛薬を使用する事が多いですが筋肉の緊張や冷えによる身体的ストレスが原因の場合は薬で痛みを止めることはその場しのぎでしかありません。

特に鎮痛薬の多用には副作用があるため注意が必要です。

また片頭痛に関しては薬の飲み方次第で慢性化、重症化するリスクもあります。

鎮痛薬の過剰使用は薬剤乱用頭痛と呼ばれる慢性頭痛へなることもあります。

もちろん痛みが強く仕事が手につかない、生活に支障をきたすといった場合は早い段階で薬で抑える必要があると思いますが、やはり大切なのは姿勢改善、日常生活の悪しき習慣の改善につきます。

頭痛を治療するクリニックとの違い

医療による頭痛の専門分野は多様で、脳神経内科(神経内科)、脳神経外科を始め、内科、精神科、ペインクリニックなど多岐にわたります。

クリニックでの頭痛治療は主に医学的な診察、検査、診断、薬の処方を行います。

海水温熱療法は沖縄発祥の民間療法であり、海水で蒸したタオルを使用するシンプルな方法です。

「海水+熱」によって頭痛の改善を試みていきます。

頭痛は海水温熱で改善できる

海水温熱で改善の効果が期待できるのは「緊張性頭痛」です。
緊張性頭痛は首肩周辺の筋肉の過緊張(力みがある)で血液の流れが滞っている事が原因の一つとして考えられます。

その場合、鎮痛薬では痛みを抑える事は可能ですが原因となっている筋肉へ働きかける事は出来ません。

海水温熱では海水で蒸したホットタオルで身体の深部まで熱を入れていくことによりインナーマッスル(深層筋)をリラックスさせる効果があります。

片頭痛は冷やすことで症状が落ち着きやすいですが入浴やマッサージなどは血管を拡張させるので痛みが増すことになり逆効果です。

どんな人が施術してくれるの?

オーナー海水温熱士 山田丈文(やまだ たけふみ)

 

yamada温熱画像

みなさんこんにちは、海水温熱士の山田です。

心斎橋で開業して以来、多くの頭痛に悩む方の体を温めてきました、みなさんお仕事でお疲れの様子が手に取るように感じられます。

海水温熱は熱が入りにくいところ(問題を抱えているところは)はなかなか熱が入らず肌が赤くならないと言う特徴が目で見てわかる施術になります。

頭痛の方の特徴としては、目やおでこ、肩回り、脇周辺が非常に熱く感じるという反応が多くの方から見受けられます。

頭痛でお悩みの方には、体全体に熱を入れながら、頭痛の原因にもなっている(緊張している)これらの筋肉へダイレクトに熱を届けますので、施術後すぐに頭が軽くなった、目が開きやすくなったと感じていただけることと思います。

これまで感じたことのないほどの温まり方をぜひ実感してただきたいと思います。

海水温熱士 宮原愛美(みやはら まなみ)

宮原温熱画像首コリ

こんにちは、海水温熱navisの宮原です。

以前心斎橋でマッサージセラピストとし5年勤めました。ご来店されるお客様は肩こり腰痛だけだでなく頭痛の方も多く来店されていました。

職業柄、腰痛…何より肩こりからの頭痛に悩まされ自分自身もマッサージ店に通っていたのを思い出しました。

私自身体験していて思うのは、マッサージは、一時的に血流が改善し痛みの症状が落ちつきますが表面部分の筋肉をほぐしていて施術中は良いですが、すぐに冷えてしまい血流が悪くなりまた頭痛を繰り返していました。

海水温熱は筋肉の深部まで熱を届けてくれるので、継続的に痛みの症状が落ち着いていました。

血流を良くするのは大事なことです!

海水温熱士として過ごす中、お客様の施術で私自身の血流を良くしてもらっているので、以前と比べると信じられないくらい頭痛の回数が減りました。

緊張型頭痛でお悩みの方は、是非1度海水温熱療法をお試しください。

どんなところで施術してくれるの?

まず、海水温熱サロンnavisの守り神である『シーサー君』がお出迎えしてくれます。

温熱シーサー君9

アットホームな雰囲気とゆったりとしたソファーで、リラックスしていただける空間です。

k_navis2待合室

明るく風通しの良い施術ルームで爽やかに施術を受けていただくことが出来ます。

k_navis4施術ルーム

海水温熱療法とはどんな施術なの?

海水温熱療法は、なかなか説明が難しいので動画をみていただくのが1番です。

今まで経験したことのない身体の軽さが実感出来るので、ぜひ一度お越しください。

実際に体験されたお客様の感想

30代女性 S様の感想

Q:来店される時に、どのような困りごとを持っていましたか?

A:肩こり、首こり、頭痛、冷え、便秘。

Q:以前悩みを解消する為に通われていて感じられたことを教えてください。

A:以前は、週一でマッサージを受けていました。頭痛の症状が落ち着く時もあれば変わらない時もありその場合はプラスして鎮痛剤を服用していました。

Q:海水温熱療法を実際に受けてどうでしたか?

A:初めて受けた時は、すっきり感がありとても体が軽くなりました。受け続ける内に頭痛が軽減しました。メンテナンスにと週一で通っていますが、以前のような痛みがなく身体がポカポカ温かくなり気持ちがいいです。

実際に体験されたお客様の声がこちらになります!

海水温熱お客様の感想①

熱をいれ終わった後は、身体の芯からぽかぽかになるので顔の表情もさっぱりとした感じになります。

身体がぽかぽかして真冬でも上着を羽織らずに帰っていく方もいらっしゃいますし、真夏は心地よい汗をかきながら不快感無くスッキリと帰っていかれます。

心斎橋で頭痛に悩まれている方へ

海水温熱サロンnavisは心斎橋駅から徒歩5分というところにあります。

詳しい道順は以下をご覧ください。

1.心斎橋北改札口を降ります。

心斎橋北改札口

2.クリスタ長堀を東側に向かって歩きます。

クリスタ長堀

3.左側に北8出口のエスカレーターがあるので、そこを昇ります。

北8出口エスカレーター

4.心斎橋筋商店街の手前にでるので、長堀通りを東側に向かって歩きます。

心斎橋筋商店街

5.東急ハンズがみえてくるので、手前を左に曲がります。

東急ハンズ

6.1つ目の交差点(トラスティホテル手前)を右に曲がります。

トラスティホテル

7.1つ目の交差点を直進します。

1つ目の交差点

8.左側にアオヤマビルがあるので、自動ドアをお入りください。

アオヤマビル

9.自動ドアを入ったらそのまま真っすぐ奥まで進んでください。

アオヤマビル廊下

10.突き当りが海水温熱サロンnavisの入口です。

海水温熱サロン入口

21:00まで営業してりますので仕事終わりの方などは、お仕事終わりに海水温熱をうけて、当日はぐっすりおやすみいただくという流れで施術と効果を実感いただいています。

マッサージでは一瞬は気持ちよくなるが、なかなか改善されないなどでお悩みの方は、是非一度海水温熱の頭痛解消施術をお試しください。

初めて海水温熱を受けられる方へ>

頭痛以外にも海水温熱は「強い体」を作る上で色々な効果が望めますので、よろしければこちらも合わせてご覧ください。

海水温熱の効果・効能一覧>

施設のご案内

海水温熱で皆様に元気と健康をお届けいたします。

海水温熱サロンnavis入り口
海水温熱サロンnavis待合室
海水温熱サロンnavis待合室イメージ
海水温熱サロンnavis施術台
海水温熱道具イメージ
海水温熱道具イメージ
海水温熱タオル蒸し器イメージ
海水温熱専用タオル
海水温熱海水イメージ

※クリックしてご覧ください。

ご予約・お問い合わせ

お電話

お電話での受付は8:00〜21:00(年中受付)

TEL:06-6245-6033

パーソナルトレーニングジムnavisにてお電話・ご予約を
お受けいたしますので海水温熱についてとお電話くださいませ。

お電話

お電話での受付は
8:00〜21:00(年中受付)

タップで電話がかかります。

TEL:06-6245-6033

パーソナルトレーニングジムnavisにてお電話・ご予約を
お受けいたしますので海水温熱についてとお電話くださいませ。

Webで来店予約・
お問い合わせフォームはコチラ

24時間受付

アクセス

住所:大阪市中央区南船場2-11-12
 アオヤマビル1階
地下鉄心斎橋駅
クリスタ長堀北 7出口より徒歩5分

※カフェ右側のビル入口よりお入りいただき一番奥の施設へお進みください。

店舗への案内